近況報告08・09         近況報告06まで            


08・09の報告   トップページに戻る                ドラえもん校長のトップページに戻る

2009年2月10日(火)
今日は、午後用事がなかったので、久しぶりに畑に行きました。春の、ジャガイモなどを植えるための準備です。小一時間、耕しました。
ジャガイモだけでなく、ネギや、去年たくさん取れたトマトなども植えます。かなりの面積を耕さなければなりません。2月いっぱいに畑作りをして、3月からは、苗を植えていきます。春になったので、やることがいっぱいです。夏には、たくさん収穫できると思います。うれしいな。

2009年2月9日(月)
今朝は、朝早く起きて、ベランダを洗いました。昨日の風で、ベランダがすごいことになっていたのです。私の家は、裏と横が、畑に囲まれていますので、風が吹くとすごい砂嵐になるのです。昨日がまさにそれでした。ベランダは、砂の山。仕方がないので、今朝は早く起きて、ホースを2階に持ち上げて、ベランダの掃除をしました。30分ぐらいかかって、ベランダ掃除を終えました。これで、家にいる猫たち3匹をベランダに出すことができます。大変ですが、頑張りました。これから、春一番とか、春二番とか吹くと、そのたびごとにベランダの掃除をしなければなりません。その練習にはなりました。
夕方、走ろうかなと思ったのですが、すごく寒かったので走るのはやめました。そのかわり、1時間ぐらい歩きました。やっぱり走ればよかったと思いました。走ったほうが、すっきりします。歩いたのでは、走ったときのあの爽快感はありません。寒くてもこれからは走ることにします。

2009年2月8日(日)
イェー!!太田選手の色紙ゲット!!なんと、娘の勤務先にあのフェンシングの銀メダリスト、太田雄貴選手が来たのだそうです。そして、このような色紙をもらえたのだそうです。

かっこいい色紙です。立春も過ぎました。今年もなんかいいことが起こる予感がしてきました。
いよいよ今週の水曜日が、森林公園マラソン10キロです。70分くらいのタイムだと思います。3月8日の立川・昭島マラソンは、出られなくなりました。せっかく申し込んだのに、別の用事が入りました。残念!そのぶん森林公園を頑張ろう。

2009年2月6日(金)
2月に入って、早いものでもう6日、たちまち1週間が過ぎていきます。2月は逃げる月とも言われていますが、全くこの4週間は早く過ぎます。校長をしているときには、一番大変な、忙しい月は2月でした。2月の初旬に、卒業証書が印刷されてきます。卒業証書には、卒業生の名前と生年月日と番号を書かなければなりません。そのもとになるのが、卒業授与台帳です。これには、番号、氏名、住所、生年月日を書きます。和紙でできている台帳に、墨で書くのです。この授与台帳も、とても大変でした。
それに、私は卒業生に、卒業記念の色紙を渡していました。それもこの2月に書いていました。ですから、この2月は大忙し。それに先生方全員と、自己申告書を前に個人面談もやっていました。すごいことをしていたんだなと、やめて初めて思いました。卒業証書授与式という、大看板も書いていました。教頭の時から18年間もこの大看板を書いたのに、写真が1枚も残っていないのはさみしいものです。せめて、昨年の大看板は写真に撮っておけばよかったのに。でももう後の祭りです。
ともかく忙しかった2月。今はもう、懐かしい思い出です。

2009年2月4日(水)
市報に載りました。

これは、ふじみ野市の市長室で撮った写真です。ほんとは、市長さんと一緒に撮った写真もあったのですが、一人のほうが載りました。実は、市報に載るのは、これで3回目なのです。1回目は、市民体育祭の800メートル競走に出た時、2回目は、埼玉県のシラコバト賞をもらった時、そして今回です。良い記念になりました。

2009年2月2日(月)
今日は、予約してあったメタボ検診に行きました。朝8時過ぎに総合病院に、行きました。早いだろうと思っていたのが、とんでもない。何と番号は75番目。たくさんの人が待合室にいました。こんなに、病気の人がいるのかなとびっくりしました。かなり待たされるのだろうと、覚悟していたら、なんと、メタボ検診の人は、朝食を食べないで来ているので、優先的にしてくれるのでした。ラッキーでした。バリウムを飲んだりしませんし、血液を採ったりするだけですから、簡単でした。ですから、10時過ぎにはすべて終わりました。しかし、患者さんは、次々と来たので、総合病院の待合室は、ごった返していました。今日が、月曜日だからかなと思いましたが、それにしても、驚きました。健康は大事なんだなと思いました。
そこで、夕方、久しぶりに、10キロ走りました。先週、日本舞踊のことで精いっぱいで、走っていませんでしたから、体がなまっていてあまり走れませんでした。やはり、二日に一度ぐらいは走らないとだめです。来週は、森林公園マラソンですから、今週はしっかり練習しようと思います。

2009年2月1日(日)
昨日は、日本舞踊の練習発表でした。音楽に合わせて、日本舞踊を踊るのです。一ヶ月くらい練習してきましたが、一部足を払う部分で分からないところがあり、午前中に人形町会館で練習することになりました。朝7時半に家を出て、大雨の中人形町へ向かいました。9時過ぎに会館について、それから練習をしました。自信のない人も何人か来て、一緒に練習しました。11時半まで練習して、なんとかできるようになったので、人形町会館から、練習会の会場に移動しました。雨はもう上がっていましたが、風が強く吹いていました。午後1時からの練習発表で、2回踊らされました。いつもの悪い癖が今日も出ました。1回目は、うまく踊れたのですが、その後、直すべきところを指摘されて、練習して臨んだ2回目、2番の出だしの足を、右足と左足を反対にしてしまいました。いつも本番で、失敗をするのです。困った癖です。先生二人が見本の踊りを見せてくれましたが、それはそれは上手でした。あのように踊れればいいなと思いました。この後もしっかり練習しようと思います。でも終わったので、そのあと、打ち上げの会を遅くまでやりました。帰ってくるのがかなり遅くなりました。昨日は、朝からずっと踊っていたので、かなりくたびれた一日でした。体力も付けなければと思いました。

2009年1月30日(金)
2月11日の森林公園マラソンの参加証のはがきが届きました。びっくりしたのは、ハーフの部の参加者が多すぎるので、1組と2組に分かれてのスタートということ。そんなに参加者が多いのかと、びっくりしました。そうとう早起きしていかないと、駐車場が満杯になってしまうでしょう。私は、10キロの部なので、10:00スタートです。森林公園マラソンには、10年くらい前までは、何回か出場しているのですが、とにかくアップダウンのすごいコースです。当日はなんとか完走したいのですが、どうなることやら。毎日、忙しいので、なかなか練習できません。今日は、雨が降っているので、少し時間があったのですが、しませんでした。雨の中で走って、風邪でも引くといけないので。無理はしないようにしています。

2009年1月28日(水)
今日は、来年度21年度の編集企画打ち合わせのために神保町に行きました。その前に浜町で用があったので、浜町で用をすませ、それから神保町に行きました。21年の4月から22年の3月までの計画を、出版社の人と話し合いました。新しい企画がたくさん生まれました。計画するのは簡単ですが、実行していくのは、大変です。正直、全部やれるのかなと思いました。しかし、この企画は3月号に載せてしまうので、できませんというわけにもいきません。がんばるしか、ないでしょう。話し合いが終って、外に出ると雨が降っていました。リュックサックを持って行ったので、その中に傘が入っていて助かりました。神保町の中華料理の店で、ビールや老酒を飲みました。おいしかったです。帰りはかなり遅くなってしまいました。

2009年1月27日(火)
今日は、久しぶりに、さいたま市民会館うらわに行きました。埼玉県安全教育研究協議会の講演会がありました。講師は、東京学芸大学の渡邉教授でした。実は、昨年、私が勤めていた学校で実践発表会をした時に、渡邉教授に来ていただきました。安全についての講演会をしたのです。今日は、渡邉教授がさいたま市民会館うらわに、いらっしゃると聞いたのでお礼を言いに会いに行きました。幸い、渡邉教授にお会いし、お礼を言うことができました。講演も聞くことができました。とても参考になる講演でした。埼玉県安全教育研究協議会のメンバーとも会うことができました。なつかしかったです。とてもよかったです。
夕方6時からは、さいたま新都心駅にあるラフレさいたまで、埼玉県安全教育研究協議会のメンバーが、私の文部科学大臣賞受賞のお祝い会をしてくれました。たくさんのメンバーが来てくれました。また、渡邉教授も参加してくれました。とてもうれしかったです。文部科学大臣賞の賞状を持って行って、みんなに見せました。実は、賞状に文部科学省という「すかし」が入っているのです。「すかし」の入った賞状なんて、みんなも見るのは初めてのようでびっくりしていました。渡邉教授もびっくりしていました。楽しいひと時を過ごすことができました。大宮駅に出て、川越線に乗って10時ぐらいに帰ってきました。

2009年1月23日(金)
昨日、小学館さんから手紙がきました。うれしい春のお知らせです。「新しいなわとび学習カード集」が、1000部増刷することになりました。
この本は、今から12年前の、1997年8月に出版しました。全国の先生方にとっても人気があって、昨年末までに、2万500部を売ることができました。本が売れなくなっている中で、とてもよく健闘していると思います。確かに、この本の中のページをコピーして子供たちに渡せば、クラスはたちどころになわとび得意学級に変身します。144ページのどこをコピーしてもなわとびが上手になる、とても使いやすい本なのです。今年も1000部増刷で、春が明けました。とてもうれしいです。なんとか、3万部売れるように、しっかり宣伝しようと思っています。

2009年1月20日(火)
今日は、表彰式がありました。平成20年度の埼玉県学校健康教育推進大会が、さいたま市の埼玉会館大ホールで行われました。
この大会は、毎年、埼玉県で、学校保健・学校安全・学校給食で成果をあげた優良学校を表彰する大会です。今年もたくさんの学校が表彰されました。その席上で、文部科学大臣賞をもらった人に、埼玉県学校保健会から記念品がもらえたのです。
記念品は置時計でした。とても良い記念になりました。

会場で、埼玉県安全教育研究協議会のたくさんのメンバーと会うことができました。とても懐かしかったです。これで、もう、埼玉会館に入ることはないだろうなと思うと、なんとなくセンチメンタルな気分になりました。でも、よい記念になり、とてもうれしかったです。
また、武蔵野線に乗っていったのですが、途中で信号不良とかで、北朝霞の駅で、30分ぐらい止まっていました。間に合わないかなと思うくらいで、不安になりました。
帰ってきて、ジョギングをしました。今年10回目の練習で、今日は1月20日なので、二日に一回練習していることになります。足に、少し筋力が付いてきたような感じがします。

2009年1月18日(日)
見てきました。1月の明治座「あらん はらん しらん」です。萩本欽一さんの、作・演出で、おもしろい演劇でした。特に、未唯MIEさんと、松居直美さんが熱演していました。風見しんごさんもいい味を出していました。また、田中美佐子さんも、演技がすごくうまいんだなとも思いました。一緒に出ていた坂上二郎さんは、ほとんどせりふもなく、やはり病気が相当悪いように思いました。脳溢血か何かで倒れてから、相当悪いんだなと思いました。アルツハイマー病なのかなとも思いました。人間、やはり、健康が一番なんだなと二郎さんを見て思いました。話は変わりますが、一昨日は、埼玉県なわとび協会の新年会がありました。ふじみ野駅の近くの飲食店でしました。みな、元気よく、今年もなわとびががんばれそうです。まだ、今年の夏の講習会と、冬の選手権大会の日程がきまっていません。埼玉県体育協会からの連絡待ちです。ですから、今年の夏、韓国に友好親善で行くことを確認しましたが、これも日程が決められません。まあ、2月の上旬ぐらいには、わかるので、そこで、すぐに今年の日程を決めたいなと思います。楽しい新年会でした。

2009年1月14日(水)
4月号の原稿を2本頼まれています。総合教育技術4月号が4ページ、小6教育技術4月号が6ページです。昨日から始めたのですが、昨日13日は、病気で入院している友人のお見舞いに午後行ったりしてたので、あまり進みませんでした。今日は、朝の9時からずっとやっていて、やっと先ほど6時に終わりました。総合教育技術4ページのほうです。お昼の30分だけで、あとはずっと机に向かってパソコンでした。くたびれました。でも一応原稿が仕上がったので、郵便局に持って行きました。ただしこれは、素案で、まだまだ完成原稿ではありません。編集長に読んでもらって、直すべきところはもう一度、直して完成原稿にするつもりです。明日は、小6教育技術6ページのほうに取り掛かる予定です。頼まれた原稿が終わっていないと、喉に骨が刺さっているみたいで、何をしていても、集中できません。がんばって19日ごろまでには仕上げたいですね。しかし郵便局まで、自転車で行ったのですが、外は寒かったですね。暖かいところにずっといたので、余計外の寒さを感じました。

2009年1月11日(日) 昨日は、明治座の初稽古でした。花柳流のお師匠さんが2名来て、日本舞踊の稽古でした。日本舞踊は、扇の使い方が難しいのでたいへんです。着物を着るのは、かなり慣れてきたのですが、それでもまだ洋服のようなわけにはいきません。何事も慣れるまでは大変です。必死で頑張っています。練習が終わった後、夕方から川越市での新年会に行きました。入間懇話会の新年会です。懐かしいメンバーとたくさん会うことができました。この新年会があると、新しい年が始まったと感じます。帰りに、2次会で、1年間ぐらい行っていなかったお店に寄ったのですが、ママが亡くなってしまったと聞いて、びっくりしました。元気なママさんでしたので、信じられませんでした。時は流れているのだなと、考えさせられました。また、健康が第一なんだとも思いました。

2009年1月8日(木) 今日は、1月8日。学校は、3学期の始業式のはずです。そこで、僕も動き出しました。まず、ホームセンターに行って、石灰を買ってきました。10時半ごろから、借りている畑を耕しました。葱を植えてあったところと、白菜やニンジンを植えてあったところを耕すのです。明日天気が悪くなり、雨が降るということなので、何としても今日したかったのです。午後1時くらいまでかかって、耕しました。そのあと、石灰をまいて、これで、ジャガイモを植える畑の準備ができました。例年、2月の中頃には、ジャガイモを植えています。その準備ができました。明日は必ず雨が降ってくれるといいなと思いました。また、畑の隅に、野菜のくずを捨てる穴も掘りました。昨年の暮れにかなり大きな穴を掘ったのですが、それがもう満杯になってきています。そこでもう一つ掘りました。少しくたびれました。

2009年1月6日(火) 今日は、3月8日に行われる、第28回立川・昭島マラソンに申し込みをしました。これもハーフの部もあるのですが、10キロメートルの部に申し込みました。1月12日が申し込み締め切り日でしたので、すれすれでした。今のところ、5月4日に行われる、春日部大凧マラソンで、ハーフの部に出場する予定です。時間制限がないので、ゆっくり走れますから。しっかり練習しなくては。

2009年1月1日(木) 新年明けましておめでとうございます。今日から新しい年が始まりました。今年は、12月のホノルルマラソンに挑戦するつもりです。今日からトレーニングを始めました。来月2月の、森林公園マラソン2.11、に申し込みました。もちろん10キロメートルの部です。今日は、6.6キロメートルを50分かけてジョギングしました。しかし、マラソンは、42.195キロメートルですから、この7倍、相当練習しないとだめでしょう。週に、4回は走るようにします。がんばります。

2008年12月31日(木)
 4月からの人生第二幕は、したいことをしていこうと決めました。再就職の話もあったのですが、すべて断りました。明治座のオーディションを、08年の2月に1次試験、3月に2次試験を受け、幸い合格し、5月からは演劇の練習を始めました。慣れないもので、なかなかうまくいきません。どうなるかわかりませんが、来年も続けていこうと思っています。それから、今年の11月6日には、文部科学大臣賞をいただきました。学校安全・個人の部で、全国でたった二人しかもらえない名誉の賞でした。宮崎事件の時から、埼玉県入間地区の安全教育研究会事務局長として安全教育に関わり、以来20年間、安全教育の研究に携わりました。その宮崎が08年の6月に死刑執行され、その年に賞をもらえたのもなんかの因縁を感じました。当日は新潟県での表彰式にも参加し、感激を新たにしました。教員生活を33年間やってきて、その総決算の賞をいただけたと思っています。人生第二幕も、がんばっていこうと思いました。しかし、今年の3月に定年退職をして、今日は大晦日、1年間が過ぎようとしています。あっという間の1年間でした。椅子から落っこちて背中を骨折したり、犬にかみつかれたり、面庁になったり、さんざんの08年でした。来年はよい年になるといいですね。ではよいお年を!

2008年9月16日(火)
今日、冷蔵庫を松下電機の人が見に来ました。なんとコンプレッサがいかれていたそうです。「珍しいなあ。これは、もう製品を代えなければだめですよ。」といって帰りました。しかしそのあと、何の連絡もありません。午後5時になったので、名刺をもらっていたところに電話をしました。そうしたら「冷蔵庫は、新しいものを送ります」との話。ようやく一件落着です。18日に、新しい冷蔵庫が来ることになりました。しかし、冷蔵庫が、半年で壊れるなんて。事故米の報道を聞いていると、ナショナルよ、お前もかという気分になってきています。今日は、部屋の掃除をしました。荷物がまた、あふれてきていて、とても仕事ができる部屋ではなくなってきていましたので。かなりすっきりしました。また、仕事ができそうです。
2008年9月15日(月)
午前中は忙しかったです。実は、ナショナルの冷蔵庫がなんと壊れたのです。2月に買ったばかりです。こんなことありえないです。だいたい電化製品は、10年は持ちます。日本製はそうです。それが、全く、この冷蔵庫が冷えなくなってしまったのです。中に入っていたもので、使えるもの、腐ってしまったもの、区別するのに、2時間ぐらいかかりました。かなりのおおぞんです。全くもう。頭にきました。すぐ電話しました。コジマ電気に。今日は、敬老の日なので、ナショナルは明日来るそうです。仕方ありません。。午後は、ひさしぶりに、畑に行きました。ならなくなった、きゅうりを抜きました。またモロヘイヤも抜きました。花が咲き始めたのです。有毒だそうです。そこを必死になって耕して、ほうれん草など、冬の野菜を植えるところを作りました。夕方6時半までやっていたのですが、秋の日は、つるべ落としです。真っ暗になりました。疲れましたが、有意義な一日でした。
2008年9月14日(日)
昨日、反省会をして、ほんとにくたびれていたのですが、今日も浜町!今日は、日曜日教室の青年部とシニアが発表会でした。しかし、同じ演劇でも、こんなにもやる人によって変わってしまうのかというのを今日は、感じました。わたしたちは、シリアスにやろうと考えて、練習していたのが、今日のシニアの人たちは、コメディにしてしまっていました。どう考えてもコメディではないと思うのだけど、途中で見るのもいやになったのですが、帰るわけにも行かずに、そのままいました。青年部の演劇は、わたしたちと同じように、シリアスな風にとらえていたので、好感が持てました。とらえ方というのは、大切だなと改めて思いました。台本はしっかり読むことにしました。
2008年9月13日(土)
発表会が終りました。30あるせりふのうち、29までは完璧にしゃべることができました。あと一つと思ったとき、最後のせりふをかんでしまいました。情けない!!何のために、猛練習をしてきたのかわかりません。屈辱感、無力感にさいなまれました。いつも完全を目指してやってきているのに、最後にどこか、抜けてしまう癖があります。あと一つと思った瞬間、緊張が緩んでしまったのです。いつもそうなんです。困ったことです。昨日も一つ目の劇は、完全に笑いを取りました。青年部の人とか、日曜教室の人とか、明治座のプロデューサーとか合計で50人ぐらいが見に来ていて、かなり受けたので、気分的にはのっていたのです。それが、最後の最後の詰めで、失敗しました。将棋で、最後の逆転を食らったようなものです。ほんとに、グループのみんなにも迷惑をかけてしまいました。もうしわけない。あと一つで、完全だったのに。口惜しさで一杯です。調子に乗りすぎると、こういう癖が出てしまうのです。終った後、浜町亭で、反省会をしました。苦い酒でした。この調子で本当にやっていけるのかどうか、飲みながら、厳しく反省していました。まったく情けない!
2008年9月12日(金)
今日は、ものすごく暑かったのですが、今日も7キロ走りました。けっこう走れるようになって来ました。ただ、体重は、あまり変わりません。あと5キロやせるといいのですが。それから、明日は、発表会なので、せりふ30をすべて、10回ぐらい練習しました。かまなくなったのですが、大丈夫かどうか、明日電車の中でも練習したいと思っています。明日は、観客は、50人ぐらいだそうです。もちろん明治座のプロデューサーも来るのだそうで、緊張します。自分のグループが第1番目に行うことになったので、それもプレッシャーです。違うグループですが、ひげさんから電話があって、明日は飲もうという話で、即座にそうしましょうと返事しました。明日の発表会のあとは、2週間休めます。次の練習は、今月の27日になるので、遊びまくります。それを楽しみに、明日がんばります。
2008年9月11日(木)
9月11日の事件から7年たったそうです。NHKのニュースでやっていました。あの日、私の娘は、ニューヨークの大学に留学していて、ニューヨークにいたのです。あのビルに飛行機がつっこんでいる場面を見て、すごい映画だねと家人に言った記憶があります。ところが現実だったのでした。直後に、ニューヨークに留学していた娘から電話がかかってきました。「お父さんどうしたらいい?」すぐ答えました。「シカゴに飛べ。シカゴがアメリカのキーステーションだから」娘はわたしのいうとうりにし、シカゴで成田行きのキャンセル待ちをして、やっと日本に帰ってきました。あれから、7年です。月日の流れるのは、早いものです。今日は、池袋でした。そのあと、新宿に行こうかなと思ったのですが、雲が出てきていたので、帰って来ました。駅を降りて、雨に降られ、家に着いたときはかなりびしょびしょになっていました。でもそのあと、ジョギングに行きました。久しぶりに、5キロを完走しました。昨日の、プロフィール撮影で、体力が落ちていることを実感したからです。体力づくりは、がんばります。
2008年9月10日(水)
明治座の稽古場で、プロフィール撮影がありました。生まれてはじめて、メイクをしました。顔にいろいろと塗られたのは、初めてです。初体験ですから、面白かったのと、こそばゆかったのと半分半分でした。でも、やってみると病みつきになるかもしれません。女性の気持ちが少しわかったような気がします。面庁のあとを気にしていたのですが、いろいろ塗られたので、全くわからなくなりました。気にする必要はありませんでした。家から、背広3着とワイシャツ3枚、ポロシャツ2枚、ネクタイ3本、そして革靴を持っていきました。家出をしてきた感じで電車にのっていました。そして、とっかえひっかえ、あれを着たりこれを着たりしてとりました。さまざまなポーズで、50枚くらい写真をとりました。今は、デジタルカメラなので、撮った写真がすぐその場で、パソコンで見られます。ですから、今とった自分の写真がすぐに見られるのです。カメラマンの方が、むりやり笑っても、顔の上半分は笑ってなくて、下半分だけ笑っているのは、使えません。といって、撮った写真をパソコンで写して、「これはだめです。顔の上半分は、緊張しているでしょう?わかりますか?」というので見てみるとほんとでした。笑うというのは、ほんとに面白がって笑わないとだめなんだというのを、プロフィール撮影で理解しました。とてもよい経験をした一日でした。一ヶ月くらいかかるそうですが、出来上がりが楽しみです。くたびれた一日でした。
2008年9月6日(土)
浜町でした。今日は、先生が二人、見に来ました。30あるせりふのうち、大事なせりふ2こをかんでしまいました。そのため、動きもぎこちなくなり、先生からは、ぎこちなくなってしまった動きを厳しく指導されました。終ったあと、明治座の近くにあるジョナサンでコーヒーを飲みながら、反省会をしたのですが、どの人もミスっていて、みんな元気がありませんでした。来週は、発表会ですが、いまのままでできるのか、本当に心配になってきました。他のグループに出演する人もいて、発表会は、一番目にやらせてもらおうということになり、夜は、他のチームのリーダーに交渉するなど、遅くまで対応におわれました。みんなケイタイ電話が通じないので、ほんとに困りました。何回も電話してやっと、やらせてもらえることになりました。ともかく良かったです。
2008年9月4日(木)
総合病院にいきました。面庁が、ひどくなってきたからです。これでは、来週の明治座での写真撮影は無理です。午後2時になって総合病院にいきました。「大丈夫です。すぐ直ります。」先生の話を聞いて安心しました。飲み薬とつける薬をもらってきました。直ってきましたねえ。今もうわからないくらいになってきました。午後3時に飲んで、今午後10時です。7時間です。よかったーー!これで、来週の撮影ができます。先生の話だと、顔の中で、鼻が一番皮膚が薄いのだそうです。だから、そこがやられるのだそうです。ともかく、顔をきれいにしなくては、今回ものすごく反省しまして。芸人は、顔が命ですから。肝に銘じました。それにしても、医者通いが多すぎます。いままでは、医者なんていったことがなかったのに!なんなんだ!
2008年9月2日(火)
一日中、書斎の机に座って、パソコンを使って仕事をしていました。かなりくたびれてきたので、午後、髪の毛がずいぶん伸びてしまったので、床屋さんにいきました。髪の毛は刈ってもらったのですが、2、3日前から、鼻が腫れてきています。また面庁です。7月になって、やっと直ったと思ったのに、また腫れてきました。今回は困るのです。
来週、明治座で、プロフィールの写真撮影なのです。明治座の地下の稽古場で撮影してもらいます。今、背広は、白形がいいのか、黒形がいいのか悩んでいます。セーターも何がいいのか悩んでいます。しかし、顔が赤鼻のトナカイでは困ったなあ。どうしようもないのです。もちろん、化粧はしてもらうのですが。床屋さんが、、お医者さんに行ったほうがいいですよと言うので、明後日木曜日の午後にお医者さんの行く予定なのですと言いました。これ以上、鼻が腫れなければいいのですが。7月はじめに、犬に噛み付かれてから、いいことが何もありません。あの犬は、疫病神でした。今日もせりふの練習をしました。全部で20回くらいしました。もう大丈夫です。これで、発表会は大丈夫です。やっと自信がもてました。
2008年8月31日(日)
川口リリアホールに、松竹大歌舞伎を見に行きました。松本幸四郎さんの弁慶よかったですねえ。せりふといい、立ち回りといい、すごかったです。今日の川口が初日で、この後9月25日まで、川口を含めて西日本を16ヶ所回るそうです。そして、なんとこの秋、幸四郎さんの勧進帳は、千回公演を迎えるそうです。すごいことです。中村魁春さんの葛の葉もよかったですね。このところ精神的に落ち込んでいたのですが、今日の歌舞伎を見て、またやる気が戻ってきました。まだまだがんばらなければいけません。めいっている場合ではありませんし、まだまだがんばれるはずです。ようやく、精神状態が元の元気な自分に戻りました。今日は8月31日、普通でしたら、明日から2学期。一番長い学期に突入です。そして、明日は始業式です。もう、始業式はありませんが、気持ちを入れ替えて、明日からがんばろうと思います。少し、自分に甘くなっていました。ずっと、ぎりぎりの生活をしていたのに、それがなくなり、自分に甘くなっていました。猛反省をしました。今日、幸四郎さんや魁春さんの舞台を見て本当によかったです。
2008年8月30日(土)
浜町でした。今日は、初めからお世話になっているK先生が、練習を見に来てくれました。「全く、なっていない。」厳しい指導でした。かなりうまくなってきたなと自分的には思っていたので、ショックでした。演劇というのは、難しいものだと、再認識しています。もう、完全に自信喪失しました。この後、続くのだろうかという気になってきています。くたびれてきているのかもしれません。先生に酷評された気持ちを癒すために、明治座近くの浜町亭で、みんなで暑気払いをしました。生ビールが、ことのほかうまかったです。みんな、今日の先生の厳しい指導を憤慨していました。自分が見ていても、かなりみんながんばっていると思ったので、そのとおりだと思いました。しかし、指導者は指導者。「だめといわれればどこがだめなのか見つけなければだめでしょう。」とみんなに言いました。惣三郎は、人がいいいんだからとみんなに言われました。浜町では、惣三郎というニックネームになっています。
浜町は外は、雨。それも豪雨でしたので、雨がやむまで、2時間ぐらい、飲みました。ほろ酔い加減で、かえって来ました。13日が発表会ですが、どうなることやら。でも、失敗しても、殺されることはないと思うので、ひたすらがんばるしかないかも知れません。これから、また、飲むぞ。
2008年8月25日(月)
市・県民税を払わなくてはいけないので、イトーヨーカドーにある銀行のキャッシュ・ディスペンサーにお金を下ろしにいきました。それから市役所にいって、税金を払いました。市・県民税は昨年の収入に対してかけられるので、すごい高額です。今回は2回目なので、8月末が納期なのですが、支払いました。それからイトーヨーカドーの駐車場に戻ってきたときに、退職した小学校の6年生になったK君双子に会いました。もちろんお母さんも一緒だったのですが、ずいぶん大きくなったように感じました。「元気?」と聞くときょとんとした顔をしていました。何でこんなイトーヨーカドーなんかに「元校長がいるのだろう?」といった顔でした。笑ってしまいました。楽しかったです。それから、酒屋に行って、ジュースとお茶を買いました。3月までいたその学校の運動会に参加できなかったときのために、お祝いを渡すためです。12時頃になってしまいました。懐かしかったです。3月までは、ここの学校の校長だったのかと思うと、なんかウルウルしてきました。しかし、もう時代は変わっているので、し方ありません。事務室に行くと新しい校長先生がいました。「お祝いです。」といって、お祝い袋と、午前中に買っておいたジュースとお茶を渡しました。事務の先生と校長先生しかいなかったようです。夏休みですからねえ。新しい校長先生はとても元気でしたので、安心しました。まだ、運動会の招待状はきていないので、いつなのかわかりませんが、これで、9月に何か行事が入って、運動会にいけなくても義理を果たせたことになります。雨の中、持って行って、よかったです。
2008年8月23日(土)
浜町でした。練習で、自分のグループは、一番先にやったのですが、先生から、かなり厳しい指導を受けました。せりふを全部覚えたために「せりふを置きにいっていて、感情がない。」という指導でした。「観客が見ていても、何も感じない。」というもので、完全に自信を喪失しました。自分たちでは、かなりがんばったつもりでしたが、残念でした。
練習後に、明治座の近くの「ジョナサン」に行って、アイスコーヒーを飲みながら、反省会をしました。みんな「先週よりうまくいったと思うのに、どこが悪いのかよくわからないわ?」といっていました。自分は、「せりふを覚えてしまったために、一本調子になっていたのかな」と思って、みんなにそのように言いました。みんなは、「そんなことはなかったよ。」といっていましたが、先生には、そのように見えたのかもしれません。5時半ぐらいに終わりにして帰ってきました。さて、このスランプから、どのように脱出するか、来週はそれが問題です。
2008年8月19日(火)
午後1時から、昨日と同じ会場の、上尾運動公園体育館で、ダブルダッチの講習会がありました。ところが、昨日の、リズムなわとび講習会で、リズムなわとびを跳びすぎたため、やっと歩いている始末で、一緒にやることができませんでした。年は取りたくないものです。やっと、歩いていました。講習会で、女性がアキレス腱を痛めてしまいました。それも二人です。近くの整形外科に行ってもらいました。なわとびは、本当にきつい競技であることを再認識しました。怪我が、軽い怪我だといいのですが。心配です。
2008年8月18日(月)
上尾市で、朝9時半から、全国リズムなわとび講習会でした。全国から50名ぐらいの先生方が、参加しました。参加者の先生方が、とても若返りました。特に男の先生方は、20代、30代前半の先生が多かったです。この調子で行くと、来年はもっと参加する先生が、若返り、増えるかもしれません。とてもうれしかったです。また、この三日間、雨が多かったので、床上浸水などの被害にあわれた方には申し訳ないのですが、とても涼しくてよかったです。私の体も調子がよくて、結構なわとびがとべました。まだまだ、練習すれば、やれそうです。練習をかかさないでやることに決めました。さすがに午後4時になると、右ひざが痛くなり、そこで、リタイヤしました。この後は、反省会があるので、それに出かけます。
2008年8月16日(土)
100メートルの準決勝を見た。16人の中に、なんと塚原が入っていた!後はすべて、黒人だ!黄色人種、白色人種は、塚原以外はいない!感動したね!もちろん、中国もいない!その中、一人だけ、黄色人種の日本人がいた!すごいことだね!塚原に、国民栄誉賞をあげる!これはどの種目で勝つよりすごいことだと思えた!いまから63年前に、日本人から軍隊を持たせないように、アメリカがわけのわからない憲法を押し付けた理由がやっとわかった。日本人は、やはりすごい民族なのだ。今日の100メートル準決勝に並んだメンバーを見て、再確認をした。塚原はすごい!すごすぎる!こんな日本人が、海軍や空軍や陸軍を持っていたら、北朝鮮なんか震え上がって、拉致した家族はすぐに返してくるだろう!かえすがえすも、くだらない憲法をアメリカに押し付けられたことが無念だ!吉田総理大臣は何を考えていたのだ、重光外務大臣責任を取れ!今日の100メートルに並んだ準決勝16人を見て、終戦63年前のアメリカの深慮遠謀を見抜くことができた。さすがにアメリカだ!優秀な日本人をそのころからわかっていたのだ。
話は変わりますが、今日は明治座の練習が延びに延びて、家に帰ってきたのが、午後7時半。家を出たのは、11時。さすがにくたびれました。
2008年8月15日(日)
柔道最終日なので、テレビを見ました。塚田が、女子78キロ超級に出ました。惜しくも銀メダル!勝ったのは、中国の、でっかいおんな。帯が、外れるように結んで、ゆっくり締めなおし、その間休むと言う、メタミドホス作戦。7、8回、結び直しました。完全に塚田が勝っていましたが、メタミドホス帯ゆるめ作戦をした、中国の勝ち。この作戦が見抜けなかった塚田が、最後、得点では勝っていたに、無理して出たところを、やられてしまった。ともかく、この「メタミドホス嘘作戦」というすごい作戦に、塚田はやられました。でも、あんなに、ずるいことをして勝って、気持ちがいいのですかね。浜口式に言おう。ずるい不正は、きらいだ!きらいだ!きらいだ!きらいだ!きらいだ!きらいだ!
チベットでは、何百万人もの人が、虐殺されたでしょう。ダライラマは、今もチベットに帰れないでしょう!この選手には、もう一つの金メダルを上げよう。史上初めての、ゆるい帯締めメタミドホス作戦8回チャンピオンの金メダルだ!これは、銀メダルや銅メダルはいない!なぜならそんなことをしてまで勝とうなんて考える選手は、世界中探してもいないからだ!ほんとに不愉快な女子戦でした。しかし石井は、相手がずるをする国ではなかったので幸運でした。勝ちました。これが日本の柔道です。伝統を守りました。よくやった!石井慧!すごいぞ、国士舘!普通にやれば、日本は負けないはずです。でも、ずるをされると、スポーツにはならないのです。表彰台で笑っていた塚田、えらい!君が、本当は金メダルだ!
2008年8月13日(水)
松田丈志選手が、200メートルバタフライで、銅メダルになりました。一昨日のページで、バタフライはアングロサクソンが強いって書いたら、何と日本選手が銅メダルですから。わからないですねえ。でもともかく松田選手。おめでとう。すごいことです。200メートルバタフライは、すごくたいへんな泳ぎで、150メートルをターンすると、めっちゃきついんです。最後の50メートルは、もう、水面から両手は出なくなるし、腰は動かなくなるし、死に苦しみをする泳ぎなんです。100メートルバタフライの10倍ぐらいきつい競技です。高校時代に経験しているのでよくわかります。自分は、本とは、平泳ぎだったのが、200メートルバタフライをする人がいないことと、それにエントリーすると自分の高校の水泳部が、初めて全種目にエントリーできるというので、水泳部の顧問の監督に、試合の2ヶ月前に200バタを命じられました。2ヶ月間必死になって、練習しましたが、しょせん馬力がありませんから、予選7位で敗退。高校時代は自分の高校が、大会史上初めて全種目エントリーという結果は出せましたが、自分は、準決勝にも出られませんでした。松田選手のビデオを見ながら、40年以上前の、若かった自分を思い出していました。松田選手は、150からが、落ちなかったですよ。すごいことです。まさに、快記録で、やってくれました。松田選手!ほんとうに、おめでとう!
今日も演劇のせりふの練習をしました。せりふの数は、20くらいだと思っていたのが、マーカーで塗ると、劇1は14、劇2は16で、せりふが30です。必死になって覚えています。まだ、かんでしまいます。すべては練習です。明日は、栃木のおばさんの初盆で、大田原市の黒羽まで、東北自動車道で行きます。混まないといいのですが。今日はすごかったようです。明日は大丈夫ですかね?心配です。
2008年8月12日(火)
今日は、春日部市にある、ウイングハット春日部市民総合体育館に行きました。全国リズムダンス講習会がありました。リズムダンス協会の会長をしているので、開会式と閉会式で挨拶をしました。今年は、参加者は、去年よりも少し増えて、140名あまりの先生方が、全国から参加してくれました。一日中暑かったので、体育館に冷房を入れてもらったのですが、体育館が大きいので、あまりききませんでした。冷房代は、1時間4千円です。一日8時間ですから、3万2千円でした。それでも外よりも、少しよかったかもしれません。怪我をする人もなく、午後4時に無事に終了しました。全部で、26曲くらい講習しました。今年の講習会は、若い男の先生方が増えました。昨年から感じているのですが、着実に参加する先生方が、若返っています。団塊の世代の私たちが、退職していますから、これからもどんどん若い先生が増えてくるのだと思います。活気が出てきて、よいことです。反省会をお寿司屋さんでやり、午後9時ぐらいに帰ってきました。
2008年8月11日(月)
北島康介選手が、北京オリンピックで、金メダルを取りました。それも世界新記録です。取れるのではと言われていましたが、取れるのではと、取ったとは天と地の違いがあります。それを成し遂げてしまうのですから、すごいの一言です。自分は高校で、水泳部で、バタフライをやっていましたが、バタフライのような馬力を使うのでは、アングロサクソンのアメリカなどに勝てないと思います。平泳ぎは、多少技術がいりますから。日本人向きかなと思いました。それにつけてもすごいの言葉しかありません。
今日は、セキチュウに行って、網を買ってきました。ブロッコリーがせっかく芽を出したのに、みんな虫に食われてしまったのです。無農薬は、これが怖いのです。また、種をまかなくてはいけません。今度は種をまいたら、網をかぶせることにしました。それで買いに行きました。また、今週の演劇練習のために、小道具をダンボールを使って作りました。桶と、台が必要なんです。それなりに作りました。明日は、春日部で、リズムダンスの講習会なので、色を塗るのは、明後日になりそうです。きれいに仕上げて、劇に使います。せりふは、やっと覚えられました。満足。満足。
2008年8月10日(日)
午前中は、せりふの暗記に時間を割きました。もう頭が固くなっていて、どうにも覚えられません。1回目はうまくいったと思ったのに、2回目は、アドリブになってしまったり、かんでしまったり、なかなかうまくいきません。難しいもんだと思います。少し、いやになってきています。しかし、始めたことですから、いまさら、止めたというわけにもいきません。せりふを覚えるのがたいへんです。劇2では主役級の役をいただいたので、せりふが多くて苦しんでいます。
午後は、100円しょっぷに行きました。買いたいものを、ずっと書き込んでいて、「ダイソー」という100円ショップに行きました。日曜日なので、すごく混んでいました。帰ってきて、劇1の台本を作って、グループの人に、郵送しました。土曜日の練習で、少し変わったので、再確認の意味で、念のため送りました。今度の土曜日から、台本を見てはいけないと先生に言われているので、すごいプレシャーーです。全部覚えなくてはいけません。せりふが、20以上あります。一つ目が、子どものせりふ、そして残りはお爺さんのせりふです。どんなお爺さんになったらいいのか、今週は試練です。
夕方6時になったので、ジョギングに行きました。今日は、4キロまではよかったのですが、その後は、メロメロ。くたびれていました。走ったり、歩いたり、7キロを55分もかかってしまいました。要反省。7キロは、45分以内でないといけないね。
2008年8月9日(土)
夕方6時過ぎになり、涼しかったので、ジョギングをしました。今日は、途中500メートル走る距離を伸ばして、8キロ走りました。見事完走しました。かなり自信がつきました。4月頃は、膝が痛くて、どうしようもなかったのが、8キロ走れるようになったので、とてもうれしかったです。これで、フルマラソンを走れるかもしれません。昼間は、浜町でした。今日の練習は、かなりたいへんで、本読みの立ち稽古でした。2時間ぐらいやりました。来週は、台本を持ってはいけないといわれたので、今週中に全部覚えるようです。自分のせりふは、10かっ所ぐらいあって、かなり長いので、今週は、毎日練習するようです。すごい、ストレスです。帰りに、ジョナサンで、グループの人たちと、来週の打ち合わせをしました。明治座の近くで、アイスコーヒーは、自分で取りに行くのです。スプーンがどこにあるのかわからなくて、お客さんの小さな女の子に聞いたりしました。どうしようもないですね。打ち合わせは、完璧にやったので、遅くまでかかりました。
2008年8月8日(金)
北京オリンピックの開会式を見ました。日本選手団の服装は何なのだ。市立高校の制服じゃないか!誰なんだ!あんな服装を考えたのは!日本人なら、男は羽織袴、女の子は振袖だろう!そのぐらいのことを考える人は、この国にはいないのか!情けない!
2008年8月5日(火)
お昼ごろから、雷がなって、雨も降ってきました。こういう日は、外仕事は何もできません。ジョギングもできませんので、家の中にいるしか手はありません。そこで、午前中は、パソコンを使って、書類関係の仕事をみっちりとしていたのですが、根を詰めてやっていると、ミスが多くなります。ミスというのは、後から見つけるのは大変です。自分が一度こうだと思ってやったことですので、どうしても先入観があるからです。気分を変えて、午後は、買って来たゆかたを着てみることにしました。「貝の口」と言われている、帯の締め方が難しかったです。角帯を締めるのは、初めての経験です。難しいものです。後ろで結ぶことができないので、前で結んで後ろに回しました。これでいいのかね。やはり、後ろで角帯を結べるように練習しないといけないですね。一つ一ついろいろと覚えていこうと思っています。あと、たたみ方も練習するようです。今日は、できなかったので、仏間につるしてあります。元どうりにたたむことができるでしょうか。乞うご期待!
夕方、雷がやんだので、皮膚科に行きました。「直りましたねえ」先生の話です。面庁です。でも心配なので、あと、1週間飲み薬をもらってきました。ただし、今度は一日1回飲むだけです。面庁との戦い、2週間ぐらいかかりました。
2008年8月4日(月)
20日前から、鼻が真っ赤で困っていて、毎日、薬を飲んでいたのですが、やっと、鼻の一点だけが赤いという、状態になりました。面庁がほぼ直りました。面庁は、脳へばい菌が回ると2、3日で、死ぬこともあるとインターネットで見ていたので、やっとほっとしました。この7月は、狂犬病、破傷風、面庁とたいへんな月でした。退職して増えたのは、病院の診察券だけです。困ったことです。でもこれで、帽子をかぶらなくても外に出られるようになりました。面庁がひどいときは、帽子を目深にかぶって外を歩いていたので。ホッとしました。
今日は、今週の演劇練習で使うシナリオ作りをしました。これがリーダーの仕事です。午後3時くらいまでかかりましたが、やっと終りました。そのシナリオを、練習に来ている人の分のために、たくさんプリントアウトしました。その後、6月に那須に行ったときの写真がプリントしていなかったのに気がついて、プリントを始めました。4枚印刷したところで、プリントインクがなくなりました。買い置きがなかったので、仕方なく、コジマ電機に買いに行きました。行く途中、雷が鳴り始めました。夜の8時ごろから、大雨になりました。カラ雷だろうといって、6時ごろに、庭に水をまいたのに。なんてーこった。自分の人生みたいで、どうも思うようにいきません。
2008年8月2日(土)
8月に入ったので、演劇の練習のグループ分けがありました。自分はBグループになり、そこでリーダーに選ばれました。リーダーは、グループの司会を務めたり、自分たちの演劇を作っていくプロデューサー的なことをしたり、しなくてはいけません。先生にはじめにそんなことを言われたので、誰もならずに、みんなからの推薦で決められてしまいました。いままで、椅子からおっこった話をしたり、犬に噛み付かれた話をみんなの前でしたりしたので、みんなの記憶に残っていたようでした。これから二ヶ月間、たいへんです。自分たちのグループの役決めをしたり、せりふの練習をしたり、リーダーはけっこう忙しくなりそうです。もちろん演劇の台本ももらいました。演劇練習に変化が出てきました。がんばります。
夕方、自分の住んでいる町で、七夕まつりがあったので、見に行きました。昔、家を建ててくれた、奥山建設さんにも寄って、生ビールをご馳走になりました。ご馳走さまでした。その後、駅のほうまで一回りしたのですが、人出は、昔ほどではありませんでした。汗びっしょりになって帰ってきました。
2008年7月31日(木)
犬にかまれてから、昨日で3週間がたちました。破傷風の潜伏期間は、3週間とお医者さんに脅かされて、いました。昨日で3週間が過ぎて、破傷風にはなりませんでした。よかったーーー!!!熱も出ていませんし、傷口はまだいたむのですが、膿んできてはいません。大丈夫です。しかし、犬の噛んだ傷は深くて、かさぶたができていますが、触るといたいのです。怖いです。犬がいるときは気をつけたほうがいいです。ジョギングのときも、向こうから犬が来ると、歩くことにしています。なんせ、かまれると、3週間心配しなくてはいけませんから。破傷風にならなかったので、ビールで乾杯しました。しかし、なっていたら、今日は入院しています。怖いですねえ。犬については、これからも気をつけようと思います。
今日で、7月も終わり、しかし毎日暑い7月でした。その中で、7キロを完走できたのは、収穫です。早く20キロが完走できるようになりたいです。そうすると、東京マラソンが見えてきます。来月もがんばります。
2008年7月24日(木)
今日は上野でした。JRスイカのカードが、すぐになくなってしまいます。先日、1万円チャージしたのに、もう、5千円になっています。結構あちこちに行っていますので仕方がないのですが、電車賃もガソリン代と同じで高いので困っています。その後池袋の東武デパートのゆかた祭りに行きました。9Fで今日から始まったというので、勇んでいきましたが、なんと9Fは女性ものばかりでした。仕方なく8Fのたんすやさんで、ゆかたを2枚買いました。角帯も買いました。「外国人へのプレゼントですか?」たんすやさんに聞かれました。いまゆかたは、外国の人へのお土産で大人気なのだそうです。「いえ、自分が着るのです」ですから、Lを買ってきたのですが、2Lどころか3Lも売っているのでびっくりしました。外国人へのお土産には、Lではだめですから納得です。時代劇の練習は、着物でやるので、これから着方やたたみ方の練習もする必要があります。男物を買いに来ている人はいませんでしたが、女物を買いに来ている人はたくさんいました。けっこう混んでいました。先日から、鼻の頭にできている「面庁」が少しよくなってきました。鼻の頭が赤いので、電車に乗るにも一苦労で座らないようにして、立って窓ガラスのほうを向いています。高校生のころ、芥川龍之介の作品「ぜんちないぐ」の「鼻」を読んだことがあるのですが、「ぜんちないぐ」も心が傷ついて、かなりたいへんだったろうなと自分の鼻が赤くなって共感できました。それはそれで、直ってしまうと「ぜんちないぐ」と一緒で、またさみしいのかなと思います。
2008年7月21日(月)
朝早く起きて、滑川の森林公園に行きました。実は、家のお墓がそこのそばにあります。3月のお彼岸に行っていなかったので、たぶん草ぼうぼうだろうということで、お墓の掃除をかねて森林公園に来ました。案の定、お墓は草ぼうぼうでした。1時間かけてすべてきれいにしました。これでお盆に来なくて大丈夫です。よかったです。その後、墓石を水で洗って、お線香を上げて、供養しました。
その後、森林公園に行きました。中央口から入りました。実は森林公園は、この時期、やまゆりが有名なのです。一眼レフを持った、たくさんの人がいました。ぼくもそうですが、みんな、団塊の世代のようです。係りの人に聞いたら、やまゆりは1万本あるそうです。しかし、咲くのはそのうちの3千本だそうです。そして、森林公園にきたので、10キロ走ることにしました。森林公園のなかには、10キロの走るコースがあるのです。中央口から、北口に向かって走りました。1時間ぐらい走って、渓流広場に戻ってきました。これで6キロメートルです。くたびれました。南口のほうまで行く元気はありません。蒸し暑くなってきましたので、走るのを、もうやめることにしました。暑いので、なかなか走る距離が伸びません。もっと体力をつけなければいけないのですが。明日からもがんばります。
2008年7月19日(土)
明治座の練習で、浜町まで行きました。ふじみ野駅で、電車に乗ろうとしていたら、去年の1年生が「あっ!校長先生、こんにちわ」と大きなで声をかけられました。残念ながら、昨年1年生でしたので、名前がわかりません。2年生でしたらすべてわかったのですが、すいませんでした。子どもの名前を覚えるのはとてもたいへんです。校長のときは必死になって覚えていました。さて、今日は、多分いいことないだろうと思って、行きました。案の定、今日の練習は、きつかったです。思い切り声を出す練習で、途中で、声が出なくなりました。腹式呼吸で出さないと続かないのですが、まだ普通の声の出し方になってしまいます。当然苦しくなってきます。練習すればするほど、演劇というのは難しいと感じるようになりました。演劇が、いやになってきました。気分転換をしようと、帰りは、池袋のジュンク堂によりました。ジュンク堂の9Fにある演劇コーナーの、井上ひさしさんの「井上ひさしコレクション全3冊」を買いました。1冊3200円ですので、消費税を入れて1万円を超えました。高かったので、ずっと悩んでいたのですが、ずっと欲しかったのです。井上ひさしさんの戯曲も好きです。なんかわけのわからないところに魅力を感じます。今後は、井上戯曲も研修していこうと思います。その後、池袋駅では、3億円の宝くじ売り場で人がごった返していました。今日はお金がなかったので買えませんでしたが、今回も銀座に行って、100枚買って3億円長者を目指します。3万円で、3億円ですから、割のよい投資です。がんばります。
2008年7月18日(金)
朝、どうでもいいことを片付けてから、垣根の竹を買いにセキチュウに行きました。途中で、小学生に会いました。ランドセルをしょっていません。そうか、今日で、一学期が終わりなんだ。早いもんだなあと思いました。退職して、四ヶ月が過ぎました。月日の流れは速いんですね。勤めていれば、今日は、終業式の校長の話です。いつも同じような話をしていたと思いますが、でもそれなりに緊張しました。ということは、明日から夏休みなんだ。よかったね。たいへんな一学期でした。大分県では、贈収賄の事件がおきて、日本全国で教育に対する信頼が消えかかっています。私も教頭を5年間、校長を13年間しましたが、誰かに商品券を渡したことはありません。最も、それなりの人に渡していたら、もっと出世したのかもしれません(笑)。そんなことはないと思いますが、しかしひどい事件です。しかし、依頼した県会議員の名前が全く出てこないのは不思議です。結局、県会議員と県警と検察は、グルになっているということでしょう。結局、今回も、トカゲのしっぽきりで終ってしまうのかな?県会議員なんて必要ないから、全員なしにしたほうがいいと思います。県会議員て、なんか仕事をしているのですか?自分に頼んできた人を金をもらって、教員にしたり、県の職員にしたりして、賄賂をもらうのが、県会議員の仕事なのでしょう。困った人たちです。そういえば、私のすんでいる市の県会議員も、選挙のときに、市会議員5人に一人5万円を賄賂で渡して、クビになっています。執行猶予5年の刑になりましたが、なぜ、実刑にしないのか、裁判所もグルなのですかねえ。県会議員は必要ないですね。
2008年7月13日(日)
今年は、パネルシアターの全国講習会をしません。先日から、なぜしないのですかという電話がかかっています。今日は、4人目がかかってきました。昨年は、7月の末に第10回の講習会を、神田の総評会館でしました。今年もやろうかなと思ったのですが、もうその元気がありません。やはり、現役が元気があるのです。現役でないと、どこかの県のように商品券も渡せませんから。何かをするなら、現役なんです。でも、今日4人目の電話がかかってきて、今年もやるべきだった、11回目の全国パネルシアター講習会をするべきだったと反省しました。毎年、先生のわけのわからない演技を見て本当に楽しかった、といってくれたのです。これってほめ言葉ですよねえ。来年夏は、必ず、第11回全国パネルシアター実技講習会をします。おまけですけど、今日は7キロ走りました。さいごはヘロヘロでした。熱中症になったかなと思いました。夕方は、イトーヨーカドーに行って、犬に噛みちぎられたズボンと同じズボンを買ってきました。おなじのがありました。明日取りに行きます。でも、明日はもう一度、外科に行かなければならないのです。現役のときは、何人もに噛み付いてきたので、今度は、噛み付かれるのかも?これは大変だ!
2008年7月12日(土)
明日も来なさいといわれていたので、8時半にはお医者さんに行きました。車で15分かかる総合病院です。ところがどっこい、もうたくさんの人で、待合室はいっぱい。駐車場は、1台だけあいていて、そこに入れました。お医者さんで見てもらうのは、今たいへんです。病院が始まるのは9時ですが、もう8時半には50人以上の人がいるのです。結局45分待って治療してもらいました。治療時間は2分。それから、会計を待つこと30分。結局病院から帰ってきたのは、なんと、10時半でした。2時間以上かかりました。幸いなことに狂犬病にはなりませんでしたし、破傷風にもならなかったようです。よかったです。今日は演劇の練習日でしたので、東京へ。浜町の公園で薬を飲んでいたら、ベティちゃんに見つかってしまいました。「惣さん、何やっているの?」私は、練習場では惣さんといわれています。正直に、犬に噛み付かれて、抗生物質の薬を飲んでいるのだといったら、ベティちゃんに大笑いされました。それからベティちゃんと一緒に練習場に行きました。今日は、怒りの演技の練習でした。現役時代は、しょっちゅう怒っていたのですが、実際に怒れといわれてもなかなかうまくいきませんでした。今日の練習は、大失敗でした。反省しています。もう一度練習します。
2008年7月11日(金)
詩吟の練習日でしたので、電車に乗るために駅に行きました。駅までは今日は自転車です。駅のそばのマーケットの駐輪場で、自転車を駐輪セットしていたところ、突然右足に痛みが。何と、犬が噛み付いたのです。そのマーケットに買い物に来ていたと思われるお客の犬が、リードが外れて動き回っていたのです。しっかり縛っていなかったのでしょう。まいりました。血は出てくるし、ズボンは破かれるし散々です。「何すんだ!!コラーー」というと一目散に犬はどこかに行ってしまいました。仕方がないので、飼い主を見つけるのはあきらめて、電車に乗って、詩吟の練習に行きました。練習会場で、救急箱で消毒をしてもらい手当てをして、1時間だけ詩吟を練習しました。早退して帰ってきて、病院にいきました。家の近くの総合病院にいくと、金曜の午後は、外科の医者はいないのだそうです。なんだそれは。医者が少ないのは、本当なのですね。仕方なく川向こうにある、総合病院に15分かかって、車で行きました。5時5分前ぐらいに着いて、やっと外科の先生に見てもらえました。治療してもらい、薬ももらうことができました。とんだ、大散財です。ズボンも破けてしまい、もうはけません。男は外へ出ると、7人の敵がありなんていうけど、「7人の敵と1匹の犬が」に変えて欲しいです。退職後、最悪の一日でした。
2008年7月8日(火)
見てきました。「Tamagoyaki」。演劇というのは、すごいなあと思いました。恵比寿のエコー劇場での演劇「Tamagoyaki」を、今日見てきました。その劇に登場する、博士の藤原啓児さんが明治座の稽古の先生なのです。藤原先生のせりふは、長いせりふでした。藤原先生は、すごい!あれだけのせりふを覚えるなんて、すごいの一言です。また、藤原先生以外にも、時男役の奥田努さんをはじめ、出演していたすべての人が、大きな声で熱演でした。演劇というのはこんなふうにやるのだな、ということを初めて学習した一日です。自分にとって本当にためになりました。男だけのグループだそうですが、Sutadio Lifeのファンになりました。見に来ていたのは、140名ぐらいでしたが、ほとんどが女性。男性は、2、3人でした。でも僕にとっては、ほんとによい勉強になりました。演劇というのはすごいというのを、初めて実感しました。これからは、自分の考え方を大きく変えて、生活していこうと思います。
2008年7月5日(土)
今日は、夜、川越のホテルで、校長を送る送別会があります。M教頭が企画しました。昨日電話をしたら、30名くらいが集まるそうです。久しぶりに、皆さんと会えるので楽しみです。昼間は、今、真夏日のような日差しですが、天気予報だと夜は雨になるそうです。なんか会合があると、いつも雨になります。雨男なのです。困ったことです。今日も、出かけるのに傘を持っていくようです。夜7時半からあります。
2008年7月1日(火)
早いもので、今日から7月です。今月は、夏休みに入ります。学校に通っていたころは、7月は大好きでした。なぜなら、7月は夏休みに入ります。夏休みには、子どもの怪我などはありません。先生方が、病気で休むこともありません。自習計画を立てることもありません。夏休みは大好きでした。そして、リズムなわとびの講習会、リズムダンスの講習会、たくさんの先生方が、埼玉にやってきて新しい出会いがありました。ですから、7月は、とてもいい季節でした。この夏は大好きでした。その夏になりましたので、今日は、イトーヨーカドーに行きました。ゆかた祭りをやっているからです。いよいよ、時代劇の稽古が始まります。ゆかたを買うように明治座からいわれたので、見に行きました。しかし、男物は、あんまりありません。女物は多いのですが、男物はあんまりなく、仕方なくあきらめました。それはそうです。男の人でゆかたを着ている人は、七夕で一人か二人いるだけですから。池袋の東武デパートか、西武デパートあたりでないと、そろわないかもしれません。ゆかただけではないのです。帯とか、扇子とか。いろいろです。時代劇は、お金がかかります。イトーヨーカドーでせっかく3割引のセールをしていたのに、残念でした。
2008年6月23日(月)
歯医者の治療が、今日で終了しました。上の前歯のそれぞれの間が少し虫歯になっていたのが、今日でその虫歯の治療が、終了しました。しっかり歯磨きをしていたのですが、やはり虫歯菌のほうが強いのです。しかし長かったですね。初めて、歯の予約が出てくるのは、日記で05年の1月です。したがって、なんと3年半も通いました。はじめは、歯の治療は、歯周病の治療から始まりました。これは、痛かったですね。手術した日は、ものは食べられない、話もできないほどでした。歯周病の手術は、5回しました。その後は、インプラントの手術を3回しました。お金もかかりました。この4年間、確定申告で、歯医者さんの領収書を出しましたから。でも今日で、長かった治療生活もやっと終了。あとは、定期的に歯の健康観察に通えばいいことになりました。よかったです。祝杯を挙げなければいけないかも。
今日はそのあと、また7キロのジョギングをしました。途中で息苦しくなって、歩きました。練習は、毎日やらないといけないなと反省しました。ホノルルマラソンに出たいので、これからは、真剣に練習しようと思っています。がんばります。
2008年6月17日(火)
頼まれていた原稿を、すべてリライトしました。大変だったです。ようやく出来上がったので、クロネコに持って行きました。10時まででしたら今日中に付くのですが、残念10時半になってしまいました。明日の午前中につきます。でも終ってホッとしました。これから、埼玉県安全教育研究協議会の総会に行きます。今日まで会長でした。明日からは、顧問です。久しぶりに、埼玉県の安全教育のメンバーに会えるので、楽しみです。今日は、総会の後、懇親会もあります。楽しい日です。
今、懇親会を終え、家に帰って来ました。夜の10時です。びっくりしました。あの宮崎勤が、今日死刑になりました。私が会長をやめた日に宮崎が死刑とは。私は、もともと体育をやっていたのが、教頭試験が合格して、異動させられた学校で体育主任がいたために安全主任にさせられたのです。そしたら、その学校のK校長が入間安全研究会の会長でした。その当時会長の学校の安全主任が事務局長になるという決まり。私が入間地区安全教育研究会の事務局長になりました。そして起きたのが、入間地区の国道16号を中心にした、宮崎事件でした。宮崎の犯罪を防ぐため、毎週の理事会開催、毎週の見回りなど、毎日大変でした。そして、埼玉県の教員の中でただ一人【宮崎と戦った男】との異名をもらいました。それ以来ずっと、安全教育にかかわってきました。そして、埼玉県安全教育研究協議会の会長を辞めた日に、あの宮崎が死刑。なんか因縁を感じます。
2008年6月2日(月)
家の前の垣根のカナメモチが,病気にかかっています。葉っぱに黒い星が出て、次々と葉が落ちてしまいます。そこで、花園の道の駅にある植木売り場に行きました。小川町から寄居を抜けていくので、1時間ぐらいかかりました。カナメモチがあったのですが、そのカナメモチの前で、ときがわ町から来たSさんという人に声をかけられました。「私の家の、カナメモチも同じような病気にかかっているので、買いに来たんですよ。でもあなたの選んだそのカナメモチは、和風のカナメモチなのでまた病気になりますよ。洋風のカナメモチを見つければ大丈夫ですよ。ここにはないので、深谷の花木センターに行きましょう。案内しますよ。」親切な人がいて、案内してくれました。花木センターです。しかしそこにも洋風のカナメモチはありませんでした。「近くにグリーンセンターというのがあるのでそこへ行って探しましょう。」グリーンセンターにも連れて行ってもらえました。そしたらありました。洋風のカナメモチです。売り場のそばに、植木屋さんがいたので聞いたら、やはり洋風のでないと病気にかかりやすいのだそうです。洋風のカナメモチを20本買い、Sさんも20本買いました。その後、Sさんとすっかり仲良くなって、Sさんがときがわ町の玉川(元玉川村)へ寄らないかと勧められたので、Sさんの車について、S家まで行きました。Sさんは、山野草を育てるのが好きだということで、家の広ーーい庭にたくさんの花がありました。親切な人で、帰りにカツラの木と山シャクヤクをもらいました。花園から玉川と埼玉県を1周したような一日でした。気持ちよく帰ってきました。Sさんに何かお礼をしなくては。
2008年5月26日(月)
義母が通っている整骨院に行きました。背中が痛くて、息をするのも絶え絶えという感じになってきたからです。家人の話では、背中はもう紫色になっているそうです。整骨院の先生の診察では、やはり骨折はしていないそうですが、それに近いひどい打撲だそうです。電気の治療をして帰ってきました。コルセットをつけなさいという指示でしたので、前に腰を怪我をしたときに使ったコルセットを出してきてしています。しかし、今日は、30度近い暑さですので、コルセットをした背中が暑くて仕方がありません。午後になって、今度は歯医者さんへ行って、虫歯の治療をしました。虫歯の大きな治療は、ほとんど終り、黒ずんでいる小さな虫歯の治療なので、簡単に済みます。しかし、先生の話では、何箇所もあるので、しばらくは医者への通院も仕事の一つです。
2008年5月24日(土)
背中の痛みが、すごいので、明治座の練習をやめようかと思ったのですが、行きました。できるだけ背中を動かさないようにして、参加したのですが、やはり痛かったです。ほんとに骨折しているようで、息をするのも痛くて困っています。やっと、練習が終った後、今日は春日部リズムクラブの人たちが、退職お祝い会をしてくれるというので、東岩槻に行きました。浜町から馬喰横山にでて、都営浅草線に乗り換えて、押上まで行き、そこから東武伊勢崎線で春日部、再び野田線で東岩槻です。結構時間がかかりました。東岩槻のおすし屋さんで、お祝い会をしてくれました。記念にコチョウランをもらいました。(造花)です。
花もきれいですが、春日部リズムクラブの子どもたちもみんな来てくれて、とてもうれしかったです。背中の痛みも、少し忘れました。今年は、夏の講習会で、がんばろうかなという気になりました。
2008年5月23日(金)
浜町の明治座に行きました。昼の部の、「蝉しぐれ」を鑑賞するためです。明治座の訓練生は、毎月1枚明治座の鑑賞券が無料でもらえるのです。藤沢周平の「蝉しぐれ」が今月の劇です。主役の福士誠治さんも熱演でしたが、崎本大海さんがよかったですねえ。江藤潤さんとか横内正さんとか、たくさんの俳優が出ていました。今日は金曜日でしたが、結構座席は埋まっていました。演劇を堪能したといいたいのでしたが、実は、昨夜、椅子の上から落ちて、背中が痛くてたまりません。演劇にはまったく集中できませんでした。明治座の観劇が終わるとすぐに、帰ってきて、整骨院に行って診察してもらいました。レントゲンをとったのですが、お医者さんの話では、骨折はしていないけど、これだけ痛いのは骨折と同じようなものでとの話でした。息をするのも痛くて、困っています。椅子にキャスターがついていて、天井にいるハエをしとめようと椅子に乗り、そのまま滑ってしまい背中をテーブルに打ち付けてしまったのです。痛くて痛くて、参っています。
2008年5月18日(日)
今日は、小学校の同窓会がありました。還暦になった記念に、近くのうどん店に集まリました。いまから48年前の小学校6年1組のメンバーです。女性は元気で、16名くらい集まりました。男性は、自分を入れて7名でした。6年1組は、55名くらいですから、半分弱が集まりました。まだ現役で働いている人が、10名ぐらいいました。自分は、働いていないほうでしたので、みんなが、「うらやましいよ。いいよな。」といっていました。2年後に、またやることになり、今度は自分が幹事ということになりました。同窓会に行く前に、枝豆を植え替えました。 天気予報だと明日が、少し雨が降るというので、急いで植え替えをしました。少し、鳥に食われてしまって茎だけになっていたのもありましたが、網をかけてあったのが大丈夫でしたので、かなりたくさん植え替えました。今年はたくさん枝豆が、食べられそうです。
2008年5月17日(土)
今日は、明治座の練習日なので、浜町まで行きました。今日は、先生の熱が入って30分ぐらい時間が延長しました。くたびれました。体が病気になって、一人やめました。わからないものです。人間は生きているので、やはり、一番大切なのは、健康なんだなと、今日は思いました。練習が終って、明治座の窓口に行っていま公演している「せみ時雨」の入場券をもらいました。訓練生は、明治座の券を毎月1枚もらえるのです。それをもらってから、池袋のジュンク堂に行きました。草思社で発行した「武士の日本語」が買えないか、聞きに行きました。だめでした。その後自宅に戻るために電車に乗ると、なんと、この3月に卒業したN君が、途中の駅から乗ってきました。「校長先生!」声をかけられました。乗客が、一斉に僕のほうを見ました。まいりました。でもそのあと、私立中学に進学したN君と楽しい会話を、電車の中でしました。今日も、あんなにいい天気だったのに、帰りには雨が降っています。N君が、家に電話したいけど、お金を持っていないというので、公衆電話をかけるために10円あげました。喜んでいました。明治座の練習日は、何かが起こります。楽しみです。
2008年5月16日(金)
庭のカルミアが、満開になりました。今年はすごくよく咲きました。このカルミアは、実は私が始めて教頭になったときに、その記念に親戚が植えてくれた木です。教頭になったのは、42歳の時で、ですから18年前です。花園にある花木センターで、細い、今にも枯れそうなのを買ってきました。そして、前の家に植えました。前の家では、北側の日当たりが悪いところにあったので、あまり咲きませんでした。そして、13年前、校長になったときにこの家に引っ越してきて、日当たりが最もよいところに植え替えました。今年は、木の裏側も満開です。定年退職を、カルミアが祝ってくれているようで、うれしいです。それから、昨日のテレビで「ずいぶん太ってしまったねえ」というメールを何人からももらいました。今日理由がわかりました。ディレクターから電話があり、全部広角レンズで取っていたのだそうです。そのほうが迫力があるのだそうです。しかし、顔は、丸くなってしまうそうです。でもお嫁に行くわけでもないので、どっちでもいいです。終ってよかったです。今日はさいたま市で、県の校長会総会があり、感謝状を2枚と記念品をいただいてきました。1枚は、全国小学校校長会からで、もう1枚は、埼玉県の校長会からです。懐かしい校長先生方に、たくさん会いました。懐かしかったです。
2008年5月15日(木)
「天てれマックス」に出演しました。今日は、仕事で、夕方は、目黒にいたので、目黒の友人の家のテレビで見ました。すごいですね。天下のNHKです。友人と祝杯を挙げて、今、家に帰ってきました。祝杯をあげていたのは、武蔵小杉の商店街の、おすし屋です。武蔵小杉の商店街のアーケードーで、お店に入る前に撮影しました。しかし、3時間半も撮影したのに、テレビになると、ずいぶん短くなるものです。画面を見て、再び疲れが出てきました。しかし、今度は、紅白歌合戦を狙います。なわとびで、紅白を制覇しよう。できるかなあ?がんばります。
2008年5月14日(木)
コジマ電気に行って、デジタル一眼レフのカメラを買いました。今テレビで、木村拓哉さんが宣伝しているあれです。三日前から売りに出されていたので、早く行きたかったのですが、今日行って買ってきました。さっそく、我が家のネコどもを撮影しました。しかしどれもこれも、一応、三匹居るのですが、すべて、睡眠バージョンでして、よい写真が取れませんでした。よい写真が取れたら、公開しようと思っていたのですが。しかしまだ、パソコンとカメラをつないでいないので、ムリです。明日は、パソコンとつないで、写真が公開できるようにします。いよいよ明日、NHK3ちゃんねる午後6時20分「天てれMAX」に登場します。どんなふうに紹介されるかな?あまり期待をしないでおこうと思います。多分、1分間ぐらいだと思うので。
2008年5月10日(土)
外は、あいにくの雨。でも今日は、浅草に行きました。明治座の卒業生の、卒業公演がありました。私も今年から、明治座で、俳優の訓練をしていますので、その卒業生の公演を見に行きました。
演目は、四つありましたが、すごい緊張感を感じました。舞台というのは、失敗が許されないので、大変なんだということを改めて感じました。それに、せりふは、マイクなしで、声を出さなければなりません。はっきりと聞こえなかった人もいました。声を出す訓練もしなければと思いました。 帰りには、雷門のそばの、おいしいおすし屋さんによってお寿司をたくさん食べて、雨の中を帰ってきました。
2008年5月6日(火)
朝から、ずっと原稿書きしていて、やっと午後4時に、カルタの原稿が終りました。そして、宅急便のクロネコに持っていったので、明日の午前中には、着くことになりました。よかったです。ほっとしています。庭のカルミアが、つぼみをたくさんつけました。近年まれに見る多さです。咲いたらすごいと思います。満開になったら、その写真を公開します。それから、NHKTVの放映が、延期になりました。初めの計画は、8日(木)の「天てれMAX」のはずが、緊急のニュースが入ったとのことで、15日(木)「天てれMAX」午後6時20分放映になりました。1週間先です。しっかり宣伝したいと思います。
2008年5月3日(土)
午後4時に、原宿駅にいきました。今日は、NHKでTVの撮影があるのです。「天才てれびくん・MAX」の撮影です。「天才てれびくん・MAX」は、3チャンネルの教育テレビの子ども向けの番組です。埼玉県なわとび協会のSさんと、Tさんが一緒に出演してくれます。初めて、NHKの西玄関から入りました。 子どもからの手紙で「交差とびがうまく跳べないので、うまく跳べるにはどうしたらよいのかを教えてください。」という質問に答えるための撮影でした。くたびれました。4時過ぎから、午後7時まで3時間以上かかりました。同じせりふを5、6回言ったり、同じなわとびを、何回も跳びました。午後7時過ぎにやっと終りました。これで、NHKテレビに出演するのは、3回目ですが、撮影はいつもたいへんです。出演記念に、電波腕時計をいただきました。担当のYさん、ありがとうございました。放映日は、5月8日(木)午後6時20分からの「天才てれびくん・MAX」だそうです。時間がある人は見てください。
2008年5月2日(金)
離任式がありました。離任式というのは、前に勤めていた学校の子どもたちとお別れする式です。4月から楽しみに待っていた式でした。お話しするだけでは、涙の別れになってしまうかもしれません。涙の別れにはしたくなかったので、やはり「おべんとばこ」を歌おうかなとも思っていました。体育館に、2年生以上の子どもたちが待っていました。子どもたちに会うのは、久しぶりでしたので、とてもうれしかったです。代表の子どもから、花束と、お手紙をもらいました。お手紙を、何枚か読むと、校長先生の「おべんとばこ」をもう一度聴きたいと書いてある手紙がありました。やることにしました。これで最後かなと思うと、途中、涙が出そうになりました。でも、涙の別れではなく、笑いの別れにすることができました。 今日もPTAの元の本部役員さんから花束をいただきました。ありがとうございました。とてもきれいなお花です。
2008年4月30日(水)
今日は朝から、2階の書斎で原稿執筆をしています。ずっと座りっぱなしです。5月7日が、カルタの原稿の締め切りなのです。小5教育技術誌の7・8月号に載ります。今までカルタの原稿は、六つ書いてきました。 1、カルタで覚えるの日本の名句(俳句のカルタ)小6教育技術03年1月号 2、カルタで楽しむ日本の名歌(短歌のカルタ)小6教育技術03年6月号 3、英単語カルタゲーム(英単語のカルタ)小6教育技術05年1月号 4、生活科総まとめ・いろはカルタ(生活科のカルタ)小2教育技術05年2月号 5、歴史人物カルタ46枚(歴史人物のカルタ)小6教育技術06年2月号 6、カルタで覚える都道府県(都道府県のカルタ)小5教育技術07年7・8月号 今回が7回目のカルタです。うまくできるといいのですが。なかみは、まだ秘密です。くたびれたので、ブログで遊んでいます。また、再び机に向かってがんばります。
2008年4月29日(火)
NHKから電話が入りました。なわとび番組の収録で、TVに出演できないかというものです。もちろん二つ返事で、出ますといいました。なんせ、埼玉県なわとび協会の会長ですから。しかし、TVカメラの前で、実際に飛べるかどうか?不安です。このところ、かなり無理な運動をして、筋肉がぼろぼろだからです。「アンメルツ」や「サロンパス」を塗って運動しているのですから。年はとりたくないですなあ。実は、なわとびで、NHKTVに出るのは、でられたとしたら、これで3回目です。1回目は、今から26年前の1982年10月10日「健康スポーツへの招待」という番組に出たことがあります。このときは、NHKスポーツ番組名アナウンサーの福島幸雄さんと一緒に出ました。2回目は、3年前の2005年11月30日「首都圏ネットワーク」に出ました。これは再放送があり、12月8日に「1都6県こんにちわ」という番組のなかでも放映されました。今回3回目の出演になるのか、そして放映がされるのか、楽しみです。もしも放映される時間がわかりましたら、告知します。
2008年4月24日(木)
今日は、久しぶりに川越に行きました。行ったといっても、入間懇話会のメンバーに会うためです。電車の中で、教え子だったY君に会いました。塾にいくのだそうです。「えらいねえ。」などといいながら、懐かしくて、電車の中で川越まで5分間ぐらい話しました。1年生を迎える会で、毎年やった「おべんとうばこ」が大好きだったそうです。Y君は「おれ、校長先生のやった《おべんとばこ》が大好きだったよ、1年生から4年生まで、4回も聞いたからね。4月の1年生を迎える会は、楽しかったなあ。」といってくれました。そして「おべんとばこあけたら、さんかくおにぎりこんにちわ。」などと覚えていて、歌ってくれました。ほんとに懐かしかったです。Y君と会えたのが、今日は最高によかったです。さて、入間懇話会は、今から20年前に、教頭試験に合格しようといって、4人で始まった会です。それ以来、毎月1回定期的に会っています。要するに飲み会仲間です。昨年までは、ふじみ野駅のそばであっていましたが、今年からは、川越にしました。今年はその入間懇話会のメンバーの中から、私ともう一人が、リタイヤしました。駅のそばの「庄屋」があいていたのでそこで飲み会をしました。現職のメンバーは相変わらず元気で、元気をもらって帰ってきました。毎月会えるのが、楽しみです。
2008年4月22日(火)
今日は、退職の礼状を印刷しました。はがきは、全部で250枚くらいです。しかし、「筆ぐるめ」で作ったのですが、調子が悪くて、20枚くらい印刷すると次がプリントできなくなり、まいりました。そこで、パソコンをデフラグをかけて、6時間ぐらいほっておきました。そしてから、再び印刷したのですが、今度はとても調子よく、250枚印刷することができました。一つ仕事をしたなと思いました。表の住所は、明日印刷しようと思っています。
2008年4月12日(土)
今日は、JRを使って信州高遠に行きました。高遠城は、北側のほうは、3分咲きくらいで、絵島が閉じ込められていた「絵島屋敷」のほうは、満開でした。たくさんの人が来ていました。「絵島屋敷」の前に咲いていた桜は、満開でした。高遠は、25年位前に、夏に一度行ったことがありました。長野県の指導主事の加藤先生に連れられていきました。長野県でなわとびの講習会をした帰り道です。もちろんそのときは、桜は咲いていませんでした。山を登りながら、K先生のことを思い出しました。年賀状に、南アルプスの絵を、書いて送ってくれます。南アルプスが見えました。K先生を思い出した、懐かしい旅行になりました。
2008年4月8日(火)
今日は、4月8日ですので、始業式・入学式の日です。一年間の中で最も忙しいのが、今日でした。校長を13年間もしたので、この4月8日には、格別の思い入れがありました。朝、近所の子どもたちが学校に行く姿を見て、ほんの少し、センチメンタルな気分になりました。でも、もう人生第二幕が始まっているので、後ろを振り返らずに、新しいことを考えて、前を向いて進んで行こうと思います。
2008年4月5日(土)
今日は、三芳町のおばさんの告別式がありました。4月2日に亡くなりました。父の義理の妹で、85歳でした。3月のお彼岸におばさんの家に行ったときは、「夏野菜の種を買いに行かないと」などと元気にいっていたのに、それから10日間で亡くなってしまうなんて人間はあっけないものです。最後のおばさんです。これで、父方にも母方にも、おじさんやおばさんはだれもいなくなりました。所沢斎場で荼毘に付し、大井のお寺で告別式がありました。さびしいものです。寂しさを紛らわせるために、夕方6時からは、喜多院にお花見に行きました。桜が満開でした。毎年、喜多院の桜を見に行くのですが、今年は少し満開になるのが早いかなと思いました。境内は、人がいっぱいでした。
2008年4月4日(金)
黒羽のおばさんが1月18日に亡くなって、3月8日が四十九日でした。しかし3月は、卒業式の準備や学期末で忙しくて、供養に参加することができませんでした。そこで、今日は遅ればせながら、供養に、黒羽まで行くことにしました。もうこちらは桜が満開でしたが、なんと栃木はまだ桜が咲いていませんでした。高速道路で、佐野サービスエリアは、5部咲きくらいで、宇都宮インターを過ぎると、まったく桜は咲いていませんでした。黒羽は、平成の大合併で、大田原市になりました。おばさんのお墓は、那珂川の川のそばにあるお寺にあります。お花とお線香を上げて、冥福を祈りました。その後おじさんの家に行って、仏壇にお線香を上げました。おじさんもとても喜んでくれました。夕方遅くになって、帰ってきました。
2008年4月1日(火)
昨日3月31日で、定年退職しました。
今日から人生第二幕、第二の人生の始まりです。今まで、やりたくてもできなかったことをゆっくりとやっていきたいと思っています。

トップページに戻る
ドラえもん校長のトップページに戻る

近況報告06まで