スイスハイライト8日間  趣味のページに戻る

 2003年8月12日(火)から19日(火)まで、近畿日本ツーリストのクラブツーリズムの旅で「スイスハイライト8日間・アルプス3大名峰と氷河特急」に行ってきました。今年は、ヨーロッパは、ものすごい暑さで、スイス・チューリッヒ空港についた日も、スイス気象台観測史上最高気温の41.5度を記録していました。氷河は、かなりとけはじめているのだろうなと思いましたが、やはり、すごいとけかたでした。
 地球的規模で考えると、アルプスの氷河が溶けてしまっては、太平洋の南にある島がみな海の底に沈んでしまうそうです。この美しい地球を守るためには、私たちは何をしていけばいいのか、考えさせられた「スイスハイライトの旅」でした。

8月12日 「初めてのヨーロッパ」
8月13日 「ハイジの街を見学し、古都ルツェルンへ」
8月14日 「アルプスのふもとの町・ツェルマットへ」
8月15日 「姿を見せない!コマッターホルン」
8月16日 「ヤッターホルンから恐怖のモンブランへ」
8月17日 「ユングフラウヨッホとは、うら若き女性とのこと」
8月18日 「いよいよ、帰国」
8月19日 「成田到着」


 アイガー北壁を前にして、記念写真を撮りました。山頂の雪も少なく、壁には、まったく氷はついていませんでした。日差しは暑く、サングラスが必要でした。























 今度の旅行も近畿日本ツーリストの「クラブツーリズム」の旅でした。
 ツアーディレクターの齋藤さんという人が、物知りで、とても面白い人で、楽しい旅をすごすことが出来ました。







趣味のページに戻る