教育技術のページに戻る

12月学級経営の視点
2学期の学習をまとめ、3学期への意欲につなげる。     
                                       すすきヶ原小学校校長室

学校教育目標「すこやかで情操豊かな実践力のある子」 
かしこく(よく考える子) やさしく(おもいやりのある子) たくましく(じょうぶな子)

1、あと一ヶ月間で、2学期が終了する。2学期の学級生活の中で、子ども自身の学習する力が、どのように高められたのかを、子供たち一人一人に自己評価させたい。
発言力、発表力は、1学期と比べて伸びたのかどうか。
グループ内での協力の仕方は、どうだったか。
ノートは丁寧に書けていたか。ノートのまとめ方は、上手になったのか。
宿題は忘れずにやってくることが出来たか。
自分自身で、学習についていろいろと工夫することが出来たか。
 さまざまな評価の観点があると思うが、自己評価をさせたい。人間にとって、大切な資質の一つは、向上心であると思う。自分自身に対する厳しい自己評価が、自分自身を高め、3学期での飛躍の原動力になる。

2、まとめのテストの処理の仕方を指導したい。テストで出来なかったところを、そのままにしないで、もう一度やり直してみるとよい。小学生は、復習というのはなかなか出来ないので、せめてテストで間違ってしまったところをやり直させるようにしたい。基礎的・基本的な問題は、すべて出来るようにして進級させたい。

3、通知票「あゆみ」の生活に関しての文章は、ぜひ思いやりのあふれたものにしたい。悪いところを並べられても、保護者にとっても困るだけである。保護者もきっと直したいと思っているはずである。この一ヶ月間で、子どもたちのよいところを一つ見つけて、具体的な行動を誉めてあげたい。そして、励みにつながる「あゆみ」にしたい。

4、ストーブの季節である。一度つけてみる。もしも調子の悪い時は、すぐに修理して、いざというときに、すぐ使えるようにしたい。

1、一年間使ってきた教室を、きれいに大掃除する。
まもなく年末であるが、ここで教室、教材室の大掃除をする。また、特別教室から教室に持ってきたものは、元の場所に返しておく。
寒くなるとついつい動きが緩慢になり、動かなくなってしまうものであるが、清掃という活動が心を育てることにつながると考えたい。
2学期の制作した作品は、必ず2学期中に返却しておく。埃がかぶってしまっては、子どももいらなくなってしまうものである。
教室の大掃除とともに、自分の家の本立てや机なども大掃除させ、きれいになった部屋で新年を迎えるように指導したい。そして、家での大掃除も手伝うようにさせたい。
一度にたくさんのゴミを出さないようにしよう。用務員さんへの配慮も忘れずに。

2、年末、お正月を迎えるこの時期は、言語指導をするのに最適な時期である。「おめでとうございます。」という言葉の指導を通して、親戚の人や目上の人に対する敬語の使い方を指導したい。また、言語に対する意識を高めていくことは、相手のことを思いやる言葉の使い方、相手を傷つけない言葉の使い方を意識させるもといとなる。

3、植物の冬越しの様子を観察さ
せる。景色は冬枯れであるが、もう来春のために、植物は芽をつけたり、花芽がついていたりする。自然を観察させ、生活科や理科の学習で、春や夏と比べた変化の様子を体験させたい。

1、学級活動で冬休みの事前指導を行い、新年への期待や願いを持たせる。
冬休みのめあて、冬休みの生活表
冬休みの安全(17日間)
新年へのめあて、2005年の始まり礼儀作法、社会的行事への積極的参加家庭の一員としての生活の仕方、お手伝い

2、交通事故に気をつけて
 年末が近づき、車も急いでいるこの師走は、交通事故に十分に気をつけるように指導したい。交通事故は、即、死につながることを指導しておこう。自転車の乗り方についても指導しておく。夕暮れが早くなっているので、自転車の無灯火が最も危険である。先生方も車では、早めに点灯するように心がけたい。

3、お金の使い方についての生活指導も是非しておきたい。日頃持てないような多額のお金を手にするのが、このクリスマス、お正月の時期である。子どもへのアンケートでは、貯金というのが一番多いと思うが、それでもつい無駄遣いしがちである。また、街の中は、購買意欲をそそるような飾り付けや音楽で満ち溢れている。誘惑に負けないような強い心を、育てていきたい。お金を持たずに、デパートやスーパーへ行くと、欲しいものがあり、つい万引きしてしまうという。用もないのに行かないように指導したい。また、カードについての指導もしておきたい。

4、寒くなると、外遊びの人数が激減する。外遊びで体力をつけることは、風邪やインフルエンザなどの病気の予防にもつながる。長休み、お昼休みには、寒くても外で遊ぶように指導しておきたい。

「思いやりのある子」を育てていこう。 すすきヶ原小学校をきれいな学校にしましょう。

教育技術のページに戻る