「手とり足とりパソコン入門」新発売

パソコンに挑戦のページに戻る

  いよいよ小学館から、この本が出ました。2000年の12月から執筆を始め、やっと本になりました。ぜひ本屋さんでご覧になってください。
  執筆したのは、私と、森谷先生、杉原先生、戸田先生の4人です。

  内容は、基礎編、活用編、応用編に分けて書きました。 パソコンがまったく初めての人を対象にして書きました。 この本を読むと、一応パソコンが使いこなせるようになり ます。ぜひ、お友達の中で、パソコンが出来ない人がいま したら、おすすめください。

  昨年(2000年)の12月から取り掛かって、やっと7月1日に発売に こぎつけました。本を作る上で、苦労したのは、「ディスプレイに写った画面をすべて切り取って、プリントアウトしなければならない。」ということです。ですからパソコンの本というは、1ページ作るのにとても手間がかかるのです。またプリントアウトには、すべてフォト光沢紙に印刷するので、光沢紙代もとてもかかったのです。まだこの頃には、パソコンが十分に使えていませんでした。執筆しながら技術力が飛躍的に向上していきました。
 表紙には、「ドラマウス」を使っています。書いたうちの一人が、「ドラえもん校長」ですから、この絵がぴったりです。130ページしかありませんので、1週間ぐらいで、読み終えることが出来ます。1週間で、パソコンが使えるようになれるなんて、すばらしいですね。ぜひ、お読みになってパソコンの達人を目指してください。

★CONTENTS
・パソコンリテラシー(活用能力)の育成
@基礎編
・パソコンの起動・終了
・「ペイント」で絵を書き・印刷
・書いた絵の保存と上書き
・フロッピーディスクへの保存
・キーボードでの文字入力
@活用編
・デジタルカメラで写真を撮ろう
・名刺を作ろう
・シールを作ろう
・年賀状を作ろう
・カレンダーを作ろう
・プログラムを作ろう(Word・一太郎を使って)
・カードを作ろう(Word・一太郎を使って)
・社会科新聞を作ろう
・学区地図を作ろう
@応用編
・パソコンが急に動かなくなったら
・ファイル名やフォルダ名を変更しよう
・ファイルを別のファイルに移動しよう
・ファイルをゴミ箱に捨てるには
・ウィンドウの最小化・元のサイズに戻す・移動
・ウィンドウの切り替えをするには
・右クリックでこんなことが出来る
・ショートカット用アイコンを作ろう
・買ったソフトを使える状態にする
・文章の一部をコピーして、貼り付ける
・学級だよりを作ろう(Word・一太郎を使って)
・「マイコンピュータを開いて、ドライブ(情報の保管庫)を確認しよう
・成績管理に「Excel」(エクセル)を使ってみよう
・「Excel」(エクセル)で、表の体裁を整えて印刷してみよう
・「Excel」(エクセル)の表のデータをグラフ化する
・インターネットで調べてみよう
・電子メール(E−Mail)の送信と受信をしてみよう
・パソコンルームを使いやすくしよう
・授業で使えるパソコンソフトの紹介

☆2001年11月24日の報告
 なんとすばらしいことに、この本が増刷出来ました。2001年の10月10日に、千部増刷しました。うれしいですね。たくさんの人に読んでもらえるなんて、これほどうれしいことはありません。よかったです。
パソコンに挑戦のページに戻る