「ドラえもん教育論」那珂湊講演会    2017(平成29)年12月8日(金)
                                                                       トップページに戻る
那珂湊中学校区地域で支える生徒指導講演会「ドラえもん教育論・漫画ドラえもんに学ぶ子どもとの付き合い方」の講演会が、12月8日(金)に終わりました。



9月に脚立から落下して、二ヶ月間節々の痛みがあり、どうなるか心配していたのですが、何とか終えることができました。
ホッとしています。
そういうわけで、今回は車はやめて、常磐線でいくことにしました。
何事も起きないようにと思って、家を8時に出発しました。
しかし、ドラえもん講演会では、毎回必ず何かが起きますね。
今回も東上線で志木駅に着いたときに、電車の非常ボタンを誰かが押して、その確認のために電車が止まってしまい、電車がかなり遅れました。
少し早いかなと思ったのですが、早めに出てよかったです。
2012年の滋賀県でのドラえもん講演会でも、50年ぶりという大雪に見舞われました。
そして、2016年の朝霞ゆめパレスでは、パソコンにプロジェクターが反応しなくて悪戦苦闘しました。
2017年の前々回の朝霞第九小学校では、プロジェクターとノートパソコンの相性が悪かったのか、映し出された画面が黄色くなってしまったのです。
プロジェクターを、どういじっても直りません。
画面は映っているので、講演を聞きに来られた保護者のみなさまに我慢していただき、そのまま行いました。
そして、前回の水戸市生涯学習センターの講演会では、9月9日が北朝鮮のなんかの記念日だそうで、もしかしたらミサイルが飛ばされてJアラートがなるのでは、と心配しながらの講演会でした。
いつも問題が起きるのです。
困ったことです。

なんとか上野駅に着き、常磐線の特急に乗りました。
これが上野駅のNewDaysで買ったコカコーラです。
パンダの絵がついています。



常磐線の特急は、上野駅を出ると次は水戸駅です。
途中はどこにも止まらないのです。
水戸駅の次は勝田駅で、そこで降りました。
ここでまた失敗しました。
11時10分に勝田駅について、ひたちなか海浜鉄道は17分発で十分時間があると思ったのですが、降りる出口を間違えて、乗り遅れました。
17分発の出ていく電車をあと20メートルぐらいの差で見送ることになり、大失敗です。
ほんとうは、17分発に乗って31分ごろに那珂湊駅について、おいしいお昼を那珂湊で食べる予定がすっかり狂いました。
次の電車は、12時5分発とのことで、仕方なく、勝田駅の駅中のコーヒーショップでサンドイッチを食べました。

これが12時5分発の電車です。



那珂湊駅に着くと、ひたちなか市立那珂湊第二小学校の皆川校長先生が、出迎えてくれました。
そのまま講演会の会場の那珂湊コミュニティセンターまで、乗せていってくださいました。
ありがたかったです。
感謝、感謝です。

2回ほど講演の練習をしたのですが、どうしても台本を見てしまいます。
ノートパソコンを見ることも多かったので、保護者のみなさまにとっては、下を向いてばかりいるなと思われたかもしれません。
困ったことです。



80名ぐらいの保護者のみなさまに、集まっていただきました。
ありがとうございました。
講演は、ドラえもん45巻をもう一度読み直して、1ヶ月ぐらいかけてパワーポイントで作りました。
ほんとは、ドラえもんののび太への対応に話を絞って行う予定だったのですが、ついつい、ドラえもんで知っていることを付け加えてしまったので、かなり脱線しました。



最後は、時間が少し足りなくなってしまい、終わりのほうは超・超特急での講演になりました。
早口だったので、聞きづらかったかなと思いました。
ごめんなさい。
たくさんの保護者のみなさまにご清聴いただきました。
ありがとうございました。

久しぶりに「ドラえもん講演会」をすることができて、楽しかったです。
感謝。
感謝。です。

パワーポイントを使ってドラえもん校長講演会を行いました。
ご清聴ありがとうございました。
茨城県ひたちなか市立那珂湊第二小学校の皆川校長先生・菊地教頭先生にはたいへんにお世話になりました。
ありがとうございました。
また、茨城県水戸生涯学習センターに椎名寛子さまにもまたご清聴いただきました。
ありがとうございました。

トップページに戻る