インド洋大津波に遭遇!少しあせったマレーシア観光(2004.12.25〜12.30)

趣味のページに戻る

躍進するマーレーシアの象徴。夜のペトロナス・ツインタワービル


2004年12月25日から30日まで、マレーシア6日間の観光に出かけました。
気分転換のつもりで行ったのですが、インド洋大津波がおき、あわてて帰国する羽目になりました。
帰りのJALの中で、12月上旬に骨折した右肩にサポーターを付けていると、客室乗務員の女性に「津波で怪我をされたのですか?」と声をかけられました。
16万人もが亡くなられたあの大津波では、骨折ぐらいではすまなかったろうなと、しみじみ思いました。
「一寸先は闇!人生、何が起きるかわからない!」肝に銘じました。

12月25日(土) 7時間のフライトで、マレーシアへ
12月26日(日) 野生のホタル群を鑑賞した夜のセランゴール川
12月27日(月) 国家とは何かを感じた独立記念広場
12月28日(火) 日本の棚田顔負けのキャメロンハイランド
12月29日(水) インド洋大津波の爪あとがあったペナン島
12月30日(木) ともかく急いで帰国、成田へ

独立記念広場の7人の勇者の像

マレー半島とペナン島を結ぶペナンブリッジ



趣味のページに戻る