小学校入学前特別講座・行ってらっしゃい!の心構え
ドラえもん教育論〜新一年生のパパ・ママへ贈りたいひみつ道具!保護者向け講座

平成29年9月9日(土)茨城県水戸生涯学習センター

                                    トップページに戻る         惣三郎トップに戻る

ドラえもん教育論〜新一年生のパパ・ママへ贈りたいひみつ道具!保護者向け講座の講演会が、9月9日(土)に終わりました。
9月9日は、北朝鮮の記念日だそうで、ミサイルを飛ばすのではないかなどと噂されていました。
途中でJアラーとがなったらどうしようかなどと思っていました。
しかし茨城県水戸生涯学習センターは、もとの茨城県庁です。
そのなかの大きな講座室で講演です。
とても頑丈に作ってありますから、講座室の中にいるほうが安全だなと思いました。
また、9月9日は、重陽の節句です。
菊の花をお酒に浮かべて飲むという日です。
そんなおめでたい日に、ミサイルとか核実験とか、全く困った国です。
幸いなにも起こりませんでしたが。

今回は、水戸市へ車で向かっている行きの、外環道の草加と三郷西の間で交通事故がありました。
5分ぐらいで抜けられるところが35分もかかりました。
でも6時前に家を出発していましたので、9時前には、水戸市につきました。
ドラえもん講演会では、毎回必ず何かが起きますね。
2012年の滋賀県でのドラえもん講演会でも、50年ぶりという雪に見舞われました。
そして、2016年の朝霞ゆめパレスでは、パソコンにプロジェクターが反応しなくて悪戦苦闘しました。
2017年の前回の朝霞第九小学校では、プロジェクターとノートパソコンの相性が悪かったのか、映し出された画面が黄色くなってしまったのです。
プロジェクターを、どういじっても直りません。
画面は映っているので、講演を聞きに来られた保護者のみなさまに我慢していただき、そのまま行いました。
いつも問題が起きるのです。
困ったことです。
10時になって講演を始めました。
ごらんのようなとてもきれいな講座室で、気持ちよく講演できました。

ネクタイは、ドラえもんの講演会ですので、ドラえもんのネクタイを持って行って、しっかり締めて、気持ちも引き締めました。
はじめにドラえもんの歌をテープで流したのですが、「夢をかなえてドラえもん」ではなく、昔のドラえもんの歌でしたので、とてもよい雰囲気になりました。
講演は今回は初めから調子よくいきました。



茨城県水戸生涯学習センターの職員の方が、写真をたくさん撮ってくださいました。
アップにすると、顔のしわが目立ちますので、写真はできるだけ遠くからのほうがよさそうです。


2回ほど講演の練習をしたのですが、どうしても台本を見てしまいます。
ノートパソコンを見ることも多かったので、保護者のみなさまにとっては、下を向いてばかりいるなと思われたかもしれません。
困ったことです。



50名ぐらいの保護者のみなさまに、集まっていただきました。
ありがとうございました。
感謝、感謝です。

講演は、ドラえもん45巻をもう一度読み直して、1ヶ月ぐらいかけてパワーポイントで作りました。
ほんとは、のび太の考えや行動に話を絞って行う予定だったのですが、ついつい、ドラえもんで知っていることを付け加えてしまったので、かなり脱線しました。
最後は、時間が少し足りなくなってしまい、終わりのほうは超・超特急での講演になりました。
早口だったので、聞きづらかったかなと思いました。
ごめんなさい。

途中で、ドラえもんの四次元ポケットから出てくるアイテムの、テストをしました。
10個用意したのですが、全部正解する人がいて、保護者のみなさまもドラえもん世代なのだなということを痛感しました。
ほんとうにありがとうございました。


久しぶりに「ドラえもん講演会」をすることができて、楽しかったです。
感謝。
感謝。です。

パワーポイントを使ってドラえもん校長講演会を行いました。
ご清聴ありがとうございました。
茨城県水戸生涯学習センターの椎名寛子さまにはたいへんにお世話になりました。
ありがとうございました。


トップページに戻る        惣三郎トップに戻る