2回目の紙の大仏作り                               

2回目の紙の大仏作りをしました。
1989年(平成元年)です。
昭和64年で、1月に昭和天皇が崩御され、平成が始まった年です。
川越市立高階南小学校で6年生の担任でした。



小学館の小6教育技術1989年(平成元年)9月号に、紙の大仏づくりについて掲載しました。






製作した子どもたちと記念写真を撮りました。



ほんとうは、紙の大仏を焼却したあと、その灰を東大寺に納めに行く予定でしたが、宮崎勤事件が起きていた年で、埼玉県入間地区安全教育研究会の事務局長として、被害者を出さないために必死でした。
宮崎勤と戦っていました。
忙しかったために、東大寺に行くことができませんでした。
申し訳ありませんでした。