新刊書棚2002      趣味のページに戻る
2002年になってから読んだ本です。

 東京都武蔵野市が展開している、野外教室の楽しさがよく分かる本です。「とべ!緑の教室」(小学館)です。
 私の子ども時代を思い出させるような記述がたくさんあり、とてもおもしろかったです。こんな時代に戻れたらいいですね。















 「異星人伝説」(日本評論社)です。20人のハンガリー人の生涯と、その業績がよく分かる本です。科学の伝統は、教育によって作られたのではないかと思いました。とても参考になりました。

















 「世界で一番受けたい授業」(小学館)です。「よのなか科」が教えるのが、21世紀を生き抜いていく、本当の「生きる力」かもしれないと思いました。

















 「プロジェクト発想法」(中公新書)です。新書は、毎月10冊くらい買いますが、この本はおもしろかったです。






















 今日本でもっとも有名な、齋藤孝さんの「三色ボールペンで読む日本語」です。解説はいいでしょう。参考になります。
















趣味のページに戻る