被災地応援!「がんばって!東北!」   トップページに戻る    惣三郎トップに戻る

東日本大震災(2011年・平成23年3月11日)から3年が過ぎました。
地震や津波による被災地の復興は、まだ十分ではないようです。
特に子どもの心はどうでしょう。
原発事故で外で遊べないことや仮設住宅での狭い中での生活は、たぶん子どもたちに多大なストレスを与えていると思います。

こうした時に、社会応援ネットワークさんが「Q&A方式で学ぶ震災と心のケア」(平成25年度文部科学省緊急スクールカウンセラー等派遣事業)を出版しました。

社会応援ネットワークさまからご連絡があり、なわとびのページで協力していただけないかというお話でした。
被災地の子どもたちのためでしたら、全面的にご協力しますということで、この本の中になわとびのページを載せていただきました。

2011年(平成23年)1月15日に発売した「よくわかるDVDシリーズ・いつでもどこでもできるなわとび」から、少し載せていただきました。
この本を出版して、一カ月過ぎて起きたのが東日本大震災でした。
震災直後には、東北の書店で津波で流されてしまった書店もあり、たいへんな被害に襲われました。
交通網も完全に東日本が止まってしまいました。
ですから、東日本の書店にはこの本を届けることができなくて、悲しい思いで毎日を過ごしていたことがありました。

今回社会応援ネットワークさまのご厚意により、岩手県、宮城県、福島県のすべての幼小中高特別支援学校に、この本が届けられました。
岩手県、宮城県、福島県の三県の子どもたちや先生になわとびのページを読んでいただけることができて、ほんとうにうれしいです。
ほんとうは被災地に行って、なわとびを通して被災地支援をしたいのですが、それがこのような形で、少しでも応援できることができてほんとうにうれしいです。


まだまだ、たいへんかもしれませんが、ぜひがんばってほしいなと思います。
これからも、被災地の皆様の支援にあたりたいと思っています。
がんばって!東北!
おうえんしてます。

トップページに戻る

惣三郎トップに戻る